single.php

群馬大学医学部附属病院 救命センター 
青木 誠

卒後
0年

群馬大学医学部

地元の大学に入学し学生生活を満喫する日々でした。学生時代には軽音楽部に所属しギターの練習ばかりしており、将来的にどのような医者になりたいか、どの科を専攻するかについてはまったく考えていませんでした。一方で学生時代の友人に影響を受け、海外旅行に行ったり、漠然とではありますが海外での医療活動に興味を持っていました。

卒後
1年

群馬大学医学部附属病院 初期研修医

学生時代に初期研修で有名な病院を見学に行ったりもしましたが、生まれ育った群馬の群馬大学でも十分に充実した研修を行えると考え出身大学での研修を選択しました。
初期研修を行っている間は、どの分野も楽しく専攻科を決めるのは非常に迷いました。研修中の自分を時折振り返ってみると手技全般が好きで、特に救患を診るのはどの科に行っても好きだった気がします。
学生時代にあった漠然とした海外志向は、一先ずはいつか国境なき医師団での活動に参加したいという思いに具体化しました。

卒後
3年

群馬大学大学院 医学系研究科 救急医学

最終的に救急科を選択したのはいろいろな理由がありますが、単純に言えば救急診療が好きだからなのでしょう。
今でも救急患者、重症患者さんが運ばれてきた際の初診から初期治療までのダイナミックな展開はこれ以上なく興奮します。救急医の駆け出しとして走り出した最初は、趣味は救急当直でした。

卒後
5年

群馬大学大学院 医学系研究科 救急医学

多くの疾患を経験する中で、救急医としてのキャリアプランはよく悩み考えていました。多くの種類がある救急疾患の中で特に外傷疾患に興味を持っていたこともあり、外傷疾患の治療で何かsubspecialityを持てないかとはよく悩んでいたと思います。
そこで5年目に学内留学の希望をし、同じ施設内の放射線診断核医学科でIVR治療の研修を行うことができました。平日日中のIVR治療、画像読影の勉強、夜と週末は救急外来での当直と非常に多忙ではありましたが、非常に身になる1年となりました。

卒後
6年

群馬大学大学院 医学系研究科 救急医学

卒後6年目に救急科専門医試験に合格し、今後の直近目標としてIVR専門医の取得を目指し日々臨床に邁進しています。漠然とした海外志向は今も健在であり、論文作成や海外での学会発表に活かされている気がします。一先ず臨床を10年終えた段階で海外での臨床をとは思っていますが、それは家族との要相談な現在です(笑)。
いつの日か日本から世界に向けて発信できる救急医になりたいと思っています。

未来へ

先生の「キャリアプラン」をお寄せください

先生がどういった経緯を経て救急医という職業を選ばれたのかを
熱いメッセージとともに寄せていただければと思います。
こちらの「キャリアプラン」アンケートフォームよりご投稿ください。

さらに、男女問わず結婚や出産、育児という家庭人としての経験と仕事を
どのようにバランスよくこなしてきたのかなどの体験談も併記いただける方は
こちらの「キャリアプラン+ライフイベント」アンケートフォームよりご投稿ください。

また、内容の修正などをご希望の方はこちらのお問い合わせフォームよりご連絡ください。

先生方の熱き想い、お待ちしております!

キャリアプラン   2016/05/02