single.php

群馬大学医学部附属病院 救命救急センター 
市川 優美

卒後
0年

群馬大学医学部附属病院

ポリクリ実習で見たお産に感動。女医として働くことにも不安が強く、患者もスタッフも女性が多い科であれば、と産婦人科医志望でした。
実は救急なんて、ちっとも眼中にありませんでした
(当時スタッフの先生も男性しかいませんでした…)。

卒後
1年

群馬大学医学部附属病院 初期臨床研修1年目

期待で胸をいっぱいにして始まった産婦人科研修、期待した通りとても楽しい
研修でした。しかし、それ以上に楽しく刺激的だったのが、救急部での研修でした。活気にあふれた救急外来と病棟、一方で大学らしいアカデミックな雰囲気もあり。どんどん救急が面白いと感じるようになりました。

卒後
3年

群馬大学医学部附属病院救命救急センター 後期研修1年目、群馬大学大学院入学

救急専門医を目指して後期研修が始まったばかりです。

日々わくわくしながら救急外来、病棟業務をしています。
アカデミックな仕事もしたい!と同時に大学院に入学。
実は初期研修修了と同時に結婚をしました。

子供は欲しいですがまだいないので、自分のために十分に時間が使える今、臨床・研究ともにできる限りのことを経験したいと思っています。

卒後
4年

これからのプラン

目下の目標は救急専門医取得と、大学院卒業。そして何より家庭との両立です。

救急はオン・オフはっきりしていると同時に、外来で活躍できる領域なので、産休・育休明けの女医にも比較的復帰しやすいのではないかと考えています。

今後、他のスタッフの方々にご迷惑をおかけしたり、力を借りなければならないことも多いかと思いますが、女性救急医のロールモデルの一つになれるよう、邁進していきたいと思っています。

未来へ

先生の「キャリアプラン」をお寄せください

先生がどういった経緯を経て救急医という職業を選ばれたのかを
熱いメッセージとともに寄せていただければと思います。
こちらの「キャリアプラン」アンケートフォームよりご投稿ください。

さらに、男女問わず結婚や出産、育児という家庭人としての経験と仕事を
どのようにバランスよくこなしてきたのかなどの体験談も併記いただける方は
こちらの「キャリアプラン+ライフイベント」アンケートフォームよりご投稿ください。

また、内容の修正などをご希望の方はこちらのお問い合わせフォームよりご連絡ください。

先生方の熱き想い、お待ちしております!

キャリアプラン   2016/04/15