single.php

第2回 心肺蘇生法普及動画コンテスト 開催要項

日本蘇生学会は、昨年の第36回大会において、第1回心肺蘇生法普及動画コンテストコンテストを開催し、7チームから13作品の応募がありました。

入賞作品はこちら→http://www.j-sosei.jp/video/main.html

この動画コンテストは、医系学生さんの柔軟なアイデイアによる心肺蘇生法の動画を一般市民に見ていただくことで、心肺蘇生により関心と理解をして頂きたいということを目的に開催し、今年の日本蘇生学会第37回大会に於いて第2回のコンテストを行うことになりました。見事入賞に輝いた方(団体)には、賞状と副賞を授与いたします。詳しい開催要項は下記をご参照ください

概要

医系学生を対象とした、日本蘇生学会主催、第2回心肺蘇生法普及動画コンテストを開催します。一般の方に、わかりやすく心肺蘇生法を広めることを目的とした動画を募集します。

「一次救命処置(BLS)、気道異物除去、AED」の3部門に対して、救急蘇生法の指針2015(市民用)http://www.fdma.go.jp/neuter/topics/kyukyu_sosei/sisin2015.pdf に沿った 動画を編集の上、ご応募下さい。

コンテスト応募動画は、一次締め切り後に日本蘇生学会で倫理及び学術的な校閲を行い、修正が必要な場合には再提出をお願いします。

校閲に合格した動画は、2018年11月に行われる日本蘇生学会第37回大会(山形県天童市市民プラザ、天童ホテル)でコンテストを行います。見事入賞に輝いた方(団体)には、賞状と副賞を授与いたします。その後は当学会認定として、日本蘇生学会のHPからダウンロードして心肺蘇生法の普及のために使用できることといたします。(日本蘇生学会HPに、第1回コンテストの入賞作品がアップロードされています)

①応募登録メール締め切り 2018年7月31日(火)に延長しました
 :代表者がメールで応募登録を行ってください。

②動画アップロード締め切り 2018年9月10日(月)

応募方法

①応募登録メール

動画投稿コンテスト 専用メールアドレス: tulipcat@nifty.com

メール件名:「第2回 心肺蘇生法普及動画コンテスト チーム名」

メール本文(以下をコピーしてお使い下さい)

1. 学校名、チーム名:
2. 代表者のお名前:
3. 代表者のお名前(フリガナ):
4. 連絡先(メールアドレス):
5. 応募部門:(「BLS」「AED」「気道異物」の3部門から選択してください)
6. 応募作品の見どころ:

メール受付後、送信いただいたメールアドレスに受付完了の旨を返信させていただきます。


②動画アップロード

  • 5分を目安として、10分以内に収まるように編集してください。
  • ファイル名:「第2回 心肺蘇生法普及動画コンテスト チーム名」としてください。
  • 動画形式に関して特に指定はありませんが、通常のパソコンで再生できる形式でお願いします。
  • WEBへのアップロードを予定しているため、出来るだけ綺麗な映像を使用して下さい。
  • 動画ファイルのアップロード方法は、メールで個別にお知らせいたします。
注意事項
  1. ご応募いただく際にご記入いただいた個人情報は、本コンテストの連絡等のみ使用させていただきます。
  2. 個人情報の取扱いについては日本蘇生学会の「個人情報保護について」をご参照ください。
  3. 応募作品は他人の著作権/ 肖像権/ 商標権/ プライバシー権等の一切の権利を侵害するものではなく、公序良俗に違反しないことを保証していただきます。
  4. 投稿され校閲を完了した動画は当学会のホームページなどで使用いたします。応募作品を無償で利用(配信、放送、上映、展示、複製、頒布 等その他一切の使用)する権利を許諾していただきます。
  5. 著作権その他第三者の権利を侵害しているものは、審査の対象外となります。また、受賞発表後であっても、これらの条件に反していることが判明した場合、受賞を取り消します。使用する音源や画像など、特に留意お願いいたします。
  6. 審査経過および結果に関するお問い合わせや苦情については応じかねます。
  7. この件に関するご質問は、tulipcat@nifty.com までお問合せください。
日本蘇生学会 代表理事
第37回大会会長 川前金幸
心肺蘇生法普及委員会 委員長 長谷敦子
公開日:2018年6月28日