single.php

EMA festival !

セミナー概要 EMA festival !
詳細:https://www.emalliance.org/event/meeting/meeting20

夏に開催いたします EMA festival についてのお知らせです。今年はEM Allianceが発足して10周年になり、EMA Meetingも次回が第20回の記念開催となります。
そこでEM Allianceは2日間に渡るプログラムで EMA festival を開催いたします!!

全国の救急医が一堂に会し開催されるお祭り、EMA festival!

今回のテーマは「令和元年、Brand New ERaへの挑戦!」です。

目玉企画として、EMAの相談役として支えてくださっている大先生のご講演3本立てを用意しております。また、EMA発足時のメンバーで今は海外で活躍される先生にもこのfestivalのために帰国していただき、レクチャーをお願いしております。EMAからはmeeting班だけでなく文献班、教育班、EMA for KIDsの仲間が小ブース企画や、夏恒例ジョブフェア、懇親会を準備しております。

空前絶後のお祭り企画で、全国の仲間と交流しましょう!
http://www.emalliance.org

開催日 2019年8月3日(土)4日(日)
時間

1日目
12:00 受付開始12:30開始~18:30頃1日目終了予定
懇親会は19:00頃~を予定しております。

2日目
8:00開場8:25開始〜13:00頃解散予定

場所 横浜労災病院、横浜労災看護専門学校 (JR新横浜駅から歩いて5分!)
募集人数 150名(受付完了先着順)
会費 18000円
懇親会費 5000円(懇親会にご参加の方は、申込時に合わせてお支払いください。)
申し込み方法

5月20日(月)の12時からweb上で行います。

https://www.0553.jp/eventpay/event_info/?shop_code=0000000027985600&EventCode=9497216632

一度申し込み後に、参加をキャンセルされる場合は2019年月7日20日(土)までにご連絡いただければ全額返金に応じます。その際の振込手数料はキャンセルされた方のご負担になりますのでご了承ください。以降のキャンセルは、返金できませんので、ご注意ください。

多くの皆様のご参加をお待ちしております!

プログラム

EMA festival !
詳細:https://www.emalliance.org/event/meeting/meeting20

1. 記念講演・座談会 (1日目)

令和到来!今、若手救急医と挑戦したいこと 〜救急医の魅力とそのポテンシャルを語り合う〜」

記念講演の後には、たっぷり40分の座談会を設けております。日本の救急の大黒柱である3名の先生にぜひ聞いてみたい、という質問をどしどし応募してください。festivalの申し込み画面から入力ができます。この機会を逃さずに!

福井大学医学部附属病院 救急・総合診療部 教授 林寛之 先生
京都府立医科大学 救急医療学 教授 太田凡 先生
藤田医科大学 救急総合内科学 主任教授 岩田充永 先生

2. EMAスタッフがお届けする白熱参加型レクチャー5本立て!(1日目、2日目)

「こどものプルプル、あなたのドキドキ、止めてみせます」(EMA for KIDsとmeeting班のコラボ企画)

小児科医も救急医も苦手な疾患、小児の痙攣重積。小児の痙攣重積なんて診たことがない!抗痙攣薬は何を使うの?いつ挿管するの?そんなあなたのドキドキも、こどもの痙攣も止めるレクチャーをお届けします。

「ER the REAL 〜今月の症例「特別編」〜」(教育班企画)

溢れる臨場感!緊張感!!切迫感!!!毎月多くの方に参加いただいているEMA「今月の症例」のリアル版が登場。ここでしかできない『全員参加』そして『リアルタイム』で進行する症例体験。ビギナーもベテランの方も、ERでの思考と経験を共にしましょう。

「本当は秘密にしたい文献班の裏ワザ」(文献班企画)

 EMA文献班が、どのような裏ワザを使ってさいしんの論文情報を手に入れ、ラクして文献を読んでいるかを、皆様に洗いざらい告白し懺悔します。また、Letterを書いてAcceptされるかチャレンジ企画をやってみますので、当日結果発表をします。

「エコーをやれば世界が変わる!」(meeting班企画)

 血管が小さすぎて分からない!エコーを使えば〇〇〇ルーペのようにほら、世界が変わりますよ!シミュレーターを使うだけでなく、自分で作ってみる??meeting班お得意のハンズオン企画です。動きやすい服装でお越しください。

「中毒 〜The Sixth Sense〜五感で感じて第六感を呼びおこせ!」
(meeting班がEMA OB toxicologist千葉先生(★)とコラボ)

人間の「第六感」勘、直感、霊感などとも言う。救急、中毒診療でもこの第六感(直感的診断)が役に立つこともあるが、この技術を磨くことは難しい。それでは、クイズや五感を通してあなたの第六感スイッチを押して差し上げよう。45分で中毒診療の第六感スイッチ入りっぱなし!

★Harvard Medical Toxicology, Clinical Toxicology Fellow 千葉拓世先生

3. モーニングレクチャー2本立て (2日目)

EMA発足時のメンバーで、今も一緒に活動している現役米国救急医のお二人に緊急帰国していただきます。こんな機会は滅多にありません。あなたの視野を広げるチャンスです。

「サイエンスで未来の救急医療を創造する:クリニシャン・サイエンティストの試み」
長谷川耕平 先生

Department of Emergency Medicine | Emergency Medicine Network
Massachusetts General Hospital
Associate Professor, Harvard Medical School
長谷川研究室のHPです → http://hasegawalab.sakura.ne.jp/

「臨床だけでは物足りない?医者を永く続ける(楽しむ)ためのNiche」
渡瀬剛人 先生

Associate Medical Director, Emergency Department – Harborview Medical Center
Assistant Professor, Department of Emergency Medicine – University of Washington
渡瀬先生の紹介はこちらから → http://coffeedoctors.jp/doctors/2915/

4. ジョブフェア (1日目、2日目)

全国の救急医が集まるこの場で、自施設の紹介をしませんか?会場内ブースで休憩時間を利用して、思う存分アピールしてください。懇親会では、自施設紹介プレゼンテーションの場を準備しております。

5. 懇親会 (1日目)
全国の仲間と楽しく交流しましょう!

festival会場から歩いてすぐの別会場に移動して開催します。ジョブフェアの続きもこちらで。各病院からの白熱プレゼンテーション合戦に乞うご期待!

6. 施設見学 (1日目)

希望者を対象に、festival開始前の時間帯に横浜労災病院の施設見学を予定しております。

問い合わせ先

http://www.emalliance.org/

公開日: