single.php

藤沢市民病院 救命救急センター 
匿名希望

卒後
0年

香川大学医学部

ポリクリでは特に救急に興味はなく、授業が魅力的だった呼吸器内科志望でした。臨床研修は地元神奈川で行いたいと思い、病院見学をしていました。藤沢市民病院の呼吸器内科を見学した際、当時研修医だった先生に、「うちに来たいのなら救急をみてからにした方がいいよ」とアドバイスを頂き、後日見学しました。そこで専門分野にとらわれることなく、人間丸ごと幅広く診療している救急にショックをうけ、絶対これがやりたい!と思いました。

卒後
1年

藤沢市民病院初期臨床研修医

マッチングでは希望通り藤沢市民病院に入職することができました。研修医は各科をローテーションしながら月(たしか)3~4回程度救急外来の当直がありました。救急医として働きたいと思いましたが、三年目以降どこで働くかを非常に悩みました。

卒後
3年

藤沢市民病院救命救急センター後期臨床研修医

色々な施設に見学にいきましたが、もう少し藤沢で修行することを考えて後期臨床研修医として藤沢に残ることにしました。ER、EICU業務だけでなく、上部消化管内視鏡や眼科診療、エコー室に研修でローテートできたことは非常に有意義でした。

卒後
6年

日本医科大学付属病院集中治療室

藤沢で日々の診療を行ううちに、救急医として緻密なICU管理を学びたいと考え、日本医科大学付属病院集中治療室に二年間お世話になりました。循環器内科医が管理しているICUで、循環器内科疾患だけでなく様々な病態を経験することができました。また外勤では内科医として訪問診療を行い、急性期だけでなく、慢性期の診療を経験しました。

卒後
7年

国内留学が終わるタイミングで退職

結婚

卒後7年目の終わりに結婚。月7~8回当直し、次の日も普通に診療する仕事と家庭の両立は難しいと思いました。ちょうど日本医科大学付属病院での国内留学が終わる時に退職しました。

卒後
8年

都内在宅診療所常勤および藤沢市民病院救命救急センター非常勤

妊娠

仕事と家庭との両立のために都内在宅診療所と藤沢市民病院救命救急センター非常勤をかけもちしました。ちょうど妊娠も発覚し、体調最優先で無理なく働くことができました。

卒後
10年

訪問診療と救急、両方に復帰

出産

第1子出産後、訪問診療と救急両方復帰しました。上の子が2歳になるタイミングで第二子が生まれました。

未来へ

先生の「キャリアプラン」をお寄せください

先生がどういった経緯を経て救急医という職業を選ばれたのかを
熱いメッセージとともに寄せていただければと思います。
こちらの「キャリアプラン」アンケートフォームよりご投稿ください。

さらに、男女問わず結婚や出産、育児という家庭人としての経験と仕事を
どのようにバランスよくこなしてきたのかなどの体験談も併記いただける方は
こちらの「キャリアプラン+ライフイベント」アンケートフォームよりご投稿ください。

また、内容の修正などをご希望の方はこちらのお問い合わせフォームよりご連絡ください。

先生方の熱き想い、お待ちしております!

キャリアプラン   2016/04/24