category.php

私のキャリアプラン

救急医の将来像ってどんなイメージでしょうか?
医学生や研修医にとっては自分の病院にいる救急医がイメージされる(もしくは救急医がいない・・・)かもしれませんが、実は多種多様なキャリアパスがあります。救急科専門医は非常に幅広い分野の入り口なのです。
実際に各分野で活躍している救急医が自らのキャリアパスを示してくれていますので、色々な救急医のイメージを膨らませ、自分のキャリアプランを夢みてください。

*ご覧になりたい分野の画像をクリックしてください*

性別から見る
女性救急科専門医男性救急科専門医
主な業務形態から見る
Emergency Physician集中治療医 外傷外科医 Acute Care SurgeryIVR医 在宅医療クリニック(開業) 行政国際保健 その他・留学
[ + ] サブスペシャリティ 専門医資格から見る

サブスペシャリティ領域の専門医とは、救急科専門医を取得した後に2段階目として取得可能な専門医である。
まだ何がサブスペシャリティ専門医となるかは確定はしていない。また、今後さらに増える可能性もある。

+集中治療専門医+外傷専門医 +熱傷専門医+Clinical Toxicologist
[ × ] 基本領域専門医資格とのダブルボードから見る

救急科専門医に加えて、他の基本領域(第1段階)の専門医を持つハイブリッドな救急医である。
新専門医制度では、それぞれの専攻医プログラムをきちんと修了すればダブルボード取得自体は禁止されてはいない。

×外科専門医×小児科専門医 ×形成外科専門医×放射線科専門医 ×脳神経外科専門医×内科専門医 ×整形外科専門医 ×精神科専門医

2015年アンケート集計結果:イマドキ「若手救急医」の現実は?!


2013年アンケート集計結果:イマドキ「救急女子」の現実は?!

先生の「キャリアプラン」をお寄せください

先生がどういった経緯を経て救急医という職業を選ばれたのかを
熱いメッセージとともに寄せていただければと思います。
こちらの「キャリアプラン」アンケートフォームよりご投稿ください。

さらに、男女問わず結婚や出産、育児という家庭人としての経験と仕事を
どのようにバランスよくこなしてきたのかなどの体験談も併記いただける方は
こちらの「キャリアプラン+ライフイベント」アンケートフォームよりご投稿ください。

また、内容の修正などをご希望の方はこちらのお問い合わせフォームよりご連絡ください。

先生方の熱き想い、お待ちしております!