single.php

21. 意外とドラマ以上にドラマチックなことが起こってます

卒後
9年

川崎医科大学附属病院 救急科
竹原 延治

img-takeharan僕が救急医を目指したわけですが、中学校の頃に医療ドラマを見ていて、かっこいいなぁと思ったこの気持ちがきっかけになりました。出演したドクターたちはみんな一生懸命で、頼り甲斐があって、優しくてと、ここでカッコいいドクター像を刷り込まったのだと思います。

実際に医大に入学し、どんなドクターになろうかなぁと考えてみても、昔テレビでみた救急医以上にかっこいい姿が思いつかず、さらに出身校には救急科があり、附属病院にはドクターヘリもある。これ以上の環境はない、これは救急医になるしかない、となったわけです。

今はその医療ドラマと同じような興奮、悩みなんかを実際に味わっています。「所詮テレビなんか、ドラマなんか、現実とはちがうし実際とは違う」と言う方はいらっしゃいますが、意外とドラマ以上にドラマチックなことが起こってますよ、後で振り返ると。

先生の「先輩たちの声」をお寄せください

「救急科専門医」という職業、または救急科専攻研修の魅力についてなど、先生の熱い思いを寄せてください。是非こちらの「先輩たちの声」アンケートフォームよりご投稿ください。

また、内容の修正などをご希望の方はこちらのお問い合わせフォームよりご連絡ください。

先生方の心からのメッセージ、お待ちしております!

先輩たちの声   2016/05/02