single.php

31. 今は外科医として仕事をしているが、気持ちは「Acute Care Surgeon」

小川 克大私の人生プランは、2人のAcute Care Surgeonにより形作られたと言っても過言ではない。

恩師であり、目標とするそのAcute Care Surgeonは私が初期研修医時代に出会った。

二人とも救急科専門医と外科専門医のダブルボードであるという共通点がある一方、一人は救急医として、もう一人は外科医として勤務をするという違いがあった。

私は、この二人にそそのかされて(夢見て)、救急の道に進んだわけである。

まずは救命救急センターで救急科専攻医として3年間働き、その後に外科研修を開始した。

救急科専門医は外科研修中の卒後7年目に取得した。

外科の修練登録が遅かった事もあり外科専門医取得には5年を要したがなんとか目標とするダブルボードを取得できた訳である。

私は、今は外科医として仕事をしているが、気持ちとしてはAcute Care Surgeonであり恩師と同じ道を進んでいる。

先生の「先輩たちの声」をお寄せください

「救急科専門医」という職業、または救急科専攻研修の魅力についてなど、先生の熱い思いを寄せてください。是非こちらの「先輩たちの声」アンケートフォームよりご投稿ください。

また、内容の修正などをご希望の方はこちらのお問い合わせフォームよりご連絡ください。

先生方の心からのメッセージ、お待ちしております!

公開日: