single.php

第24回 EMA Meeting「ER×救急医〜ERトラブルシューティング〜」(web開催)

セミナー
名称
第24回 EMA Meeting「ER×救急医〜ERトラブルシューティング〜」(web開催)
日時 2022年2月20日(日)14:00~18:00
(13:30 Zoom公開開始予定・終了時間は見込みです。)
場所 Zoomでの開催となります。参加申し込み登録を頂いた方(参加費入金済の方)に、開催数日前を目処にZoomアドレスをメールで配布させていただきます。
募集人数 80名(受付完了先着順)
参加費 3300円
参加受付

下記URLからお申し込みください。EMAのHPからも申し込みできます。
https://bit.ly/EMAmeeting20220220Reception

なお、web上の申し込みだけでなく、参加費の振込が確認された時点で申し込みが完了となります。web上の申し込みだけでは、受付完了となりませんので、ご注意ください。

また、参加をキャンセルされる場合は2022年2月12日(土)までにご連絡いただければ全額返金に応じます。その際の振込手数料はキャンセルされた方のご負担になりますのでご了承ください。以降のキャンセルは、返金できませんので、ご注意ください。

内容

テーマは「ER×救急医〜ERトラブルシューティング〜」

「CVC挿入後に合併症を起こしてしまった」「後輩ができなかった手技を引き継いだら難しかった」「フタを開けてみたら思わぬ診断で焦った」「知らなかった、そんな合併症あるの?」などなど、皆様が日々の診療で少なからず出会うであろう様々なトラブルを取り上げます。

今回も3本立ての構成でお送りします。EMA meeting班が誇る百戦錬磨のER医達が、皆さんと楽しくdiscussionします!
知識と知恵を結集して、安全な環境を作っていきましょう。

 

<<プログラム>>

1. 「超逆境クイズバトル!! QQ人の壁」

QQ人を阻むERのトラブル関連のクイズに挑戦し解決法を学ぶ新感覚バラエティクイズセッション!君はQQ人の壁を越えられるか!?

担当班員
・寺根亜弥(湘南鎌倉総合病院)
・佐藤信宏(新潟市民病院)
・遠矢希(聖路加国際病院)
・薬師寺泰匡(薬師寺慈恵病院)

2. 「本当にあった怖いERトラブル〜薬剤編〜」

薬も過ぎれば毒となる。本当にあった怖い薬剤トラブルを通じて、その対応や予防を学びましょう!

担当班員
・清水宏康(聖マリアンナ医科大学)
・関根一朗(湘南鎌倉総合病院)
・武部弘太郎(京都府立医科大学)
・深野賢太朗(自治医大さいたま医療センター)

3. 「救急医危機一髪、穿刺手技でトドメを刺されるな!」

手技による合併症を起こさないようにするコツは知っていても、実際に合併症が起きた時のトラブルシューティングはバッチリですか?ERでの中心静脈カテーテル・胸腔ドレーン挿入などの穿刺にまつわるトラブルシューティングを学びましょう!

担当班員
・中島聡志(京都第二赤十字病院)
・植地貴弘(横浜労災病院)
・岡田信長(京都府立医科大学)
・狩野謙一(福井県立病院)

 

多くのご参加をお待ちしております。

※こちらのページで紹介しているイベントは日本救急医学会公認のものとは限りません。各地域で行われている様々な救急関連の勉強ができる機会を紹介しているだけですので、その内容に関しては主催する団体にお問い合わせください。

公開日: