single.php

広島大学病院 救急集中治療部 
京 道人

卒後
0年

広島大学 医学部医学科

授業、 実習を通じ当時は漠然と内科医に興味をいだいていました。 サッカー部に注ぐ時間が多く、 最終学年になってからは自身の技術力の向上のみならずチームとして成熟する方法を考えていました。

卒後
1年

広島大学病院 初期研修医

実臨床のみならず、各科の研究内容にも興味があり、 その点も踏まえた研修を行いました。Common diseaseを数多く見ることも必要なため、 2年目は他施設での研修を多く行いました。
重症患者の初期診療から集中治療と幅広く活躍する救急医の姿、 他職種との連携、改善していく患者さんの姿を見て救急医になろうと決意しました。

卒後
3年

中国労災病院 救急部 後期研修医

市中病院で、救急外来、 集中治療を主に行いながら、他科との連携を通じ,幅広い知識を得るための研修を行いました。 各科の垣根が低く、外科、 麻酔科、 循環器内科や小児科などの研修を通じて様々な先生方の指導を受け成長できた2年間でした。

卒後
5年

広島大学病院 救急科 後期研修医 救急科専門医 取得

大学病院へ帰院し、三次救急、集中治療に特化した施設でのマネジメント、 Dr.ヘリを活用した救急医療を学びました。
ECMOをはじめとした重症呼吸不全治療、重症敗血症治療、重症外傷、複合する重症病態を有した患者のマネジメントを通し特に重症呼吸不全、重症感染症に関して学会発表などを通じて知識を深めました。

卒後
7年

広島大学大学院 医歯薬保健学研究科 進学

重症呼吸不全、重症感染症の原因・病態について、基礎研究を通して更に精通するため、専門医取得後に大学院への進学を決意しました。

現在

これからのプラン

救急患者に幅広く対応でき、なおかつ様々な専門性も持つことができる救急医にとても魅力を感じています。
初期診療から集中治療まで一貫して行い、その中で呼吸不全、感染症に対する専門性も持ちながら、多角的な視点で引き続き救急医療に携わっていきたいと考えています。

未来へ

先生の「キャリアプラン」をお寄せください

先生がどういった経緯を経て救急医という職業を選ばれたのかを
熱いメッセージとともに寄せていただければと思います。
こちらの「キャリアプラン」アンケートフォームよりご投稿ください。

さらに、男女問わず結婚や出産、育児という家庭人としての経験と仕事を
どのようにバランスよくこなしてきたのかなどの体験談も併記いただける方は
こちらの「キャリアプラン+ライフイベント」アンケートフォームよりご投稿ください。

また、内容の修正などをご希望の方はこちらのお問い合わせフォームよりご連絡ください。

先生方の熱き想い、お待ちしております!

キャリアプラン   2016/04/24