single.php

順天堂浦安病院 救急診療科 
竹内 悠二

卒後
0年

東京医科大学医学部医学科

6年生の12月まで部活をしており、ほとんど、医師像を考えたことはなかったありませんでした。5年生の時のポリクリで、消化器外科の手術に感動し、漠然と外科医になりたいと考えていました。

卒後
1年

JAPANメディカルアライアンス 海老名総合病院

研修医で外科研修をしている際に、人工呼吸管理を含めたICU治療に抵抗を感じた。院内急変、救急外来での外傷の対応など、無力さを感じることも多く、救急診療科で全身管理、急変対応等を勉強したいと考えました。

卒後
3年

順天堂大学浦安病院救急診療科

1次~3次まで、一般床、集中治療室まで管理し、外科を専門とする救急医が多数いる順天堂浦安病院救急科に入局しました。手術より、敗血症治療、人工呼吸管理など重症管理を多く学ぶことができたと思います。

卒後
5年

順天堂大学静岡病院外科

救急を2年弱学び、外傷外科を専門とすることを考え、一般外科の勉強のため、また、ドクターヘリを有し、重症腹部救急疾患を扱うことも多い、順天堂大学静岡病院の外科で勉強することにしました。

卒後
7年

順天堂大学浦安病院救急診療科

2年の外科研修を修了し、順天堂大学浦安病院救急科で、外傷外科医として、外傷の外科手術、周術期管理を勉強することとしました。件数は多くはありませんでしたが、腹部臓器損傷で手術になる例は重症が多く、1例1例に反省を持てる良い環境であったと思います

卒後
8年

これからのプラン

腹部救急医として、よりスキルアップを救急領域、外科領域でしていくために、定期的に外科の定時の手術を勉強する必要性もあると考えました。また、指導的な立場になるためにも再度、外科研修をしていきたいと考えています。

未来へ

先生の「キャリアプラン」をお寄せください

先生がどういった経緯を経て救急医という職業を選ばれたのかを
熱いメッセージとともに寄せていただければと思います。
こちらの「キャリアプラン」アンケートフォームよりご投稿ください。

さらに、男女問わず結婚や出産、育児という家庭人としての経験と仕事を
どのようにバランスよくこなしてきたのかなどの体験談も併記いただける方は
こちらの「キャリアプラン+ライフイベント」アンケートフォームよりご投稿ください。

また、内容の修正などをご希望の方はこちらのお問い合わせフォームよりご連絡ください。

先生方の熱き想い、お待ちしております!

キャリアプラン   2016/04/25