single.php

7. 消えそうな命の灯を、再び灯らせることができた時の喜び

img-katot私はいま、一人の救急医として働いていることを本当に幸せに感じます。私が13才の冬のある夜、警察から父が事故をした、と連絡がありました。母と、わからない夜道を何とか着いた病院で救急車搬入口から入ると、あまりにも静寂な父が一人、横たわっていました。

生きていることは当たり前すぎて、何とも感じていなかった日々において、一つの命の大きさを父は最後に教えてくれました。

私が今、携わらせて頂いている救急集中治療の現場は、医師としてこの上ない醍醐味を味わうことのできる現場です。世間一般の方々が過ごされる、いろいろな人生の中で、とても大切なタイミングに関わらせて頂き、いろいろな人生を見せて頂いています。

その中でも、私たちの介入によって、ある日「突然」消えそうになりつつある一つの命の灯が、再び灯り続けられるようになった時、私はこの上ない喜びを感じます。

私たちと一緒にこの救急医の世界を経験してみませんか?

先生の「先輩たちの声」をお寄せください

「救急科専門医」という職業、または救急科専攻研修の魅力についてなど、先生の熱い思いを寄せてください。是非こちらの「先輩たちの声」アンケートフォームよりご投稿ください。

また、内容の修正などをご希望の方はこちらのお問い合わせフォームよりご連絡ください。

先生方の心からのメッセージ、お待ちしております!

先輩たちの声   2016/04/15