single.php

広島大学大学院 救急集中治療医学 
大下 慎一郎

卒後
0年

広島大学医学部医学科

柔道部とワンダーフォーゲル・サークルに所属し、筋肉トレーニングに明け暮れるかたわら、キャンプ・スキー・カヌーなども楽しんでいた学生時代でした。病態を追及する思考回路を養うため、内科の修練を行うことにしました。

卒後
1年

広島大学病院 初期研修医

内科ローテーションを選択し、呼吸器・循環器・消化器・神経・内分泌・腎臓・血液など、多彩な領域の内科研修を積みました。この研修期間中、救急科で3ヶ月間の研修も選択し、社会における救急科の重要性・全身管理の魅力を学びました。

卒後
3年

市中病院 呼吸器内科医

呼吸器内科を専門に選択し、結核を含む多彩な感染症や急性・慢性呼吸不全の治療を学びました。気管支鏡のほか、上部・下部消化管内視鏡、心臓・肝臓カテーテル治療など、幅広い検査手技を習得するともに、気管挿管・人工呼吸管理法についても学びました。

卒後
5年

広島大学大学院分子内学進学,総合内科専門医・呼吸器内視鏡専門医 取得

基本的な臨床能力を体得していくに従い、現代の医学では治療できない疾患がたくさんあることを感じるようになりました。難治性疾患の病態解明に関する研究に携わることが、自分で新たな治療法を開拓するためには重要と考え、大学院へ進学しました。

卒後
9年

ドイツ エッセン大学医学部・西部ドイツ呼吸器センター ルールランド病院留学

医学博士取得後、さらに自分の視野・知識をグローバルに広げたいと思い、ドイツへ留学しました。間質性肺炎の研究において世界トップレベルの教授のもとで学ぶことにより、医学のみならず外国の習慣・思想・経済など様々なことを経験することができました。言葉の壁は大きかったですが、おかげでドイツ語を話せるようになりました。

卒後
12年

広島大学病院 高度救命救急センター・集中治療部 助教,救急科専門医・集中治療専門医・呼吸器専門医・呼吸療法専門医 取得

帰国後、高度救命救急センター・集中治療部に勤務する機会を得ました。これまでのキャリアとはまったく領域の異なる勤務地でしたが、その分、新たに学ぶこともたくさんあり、毎日が刺激に満ちた日々でした。研修医・大学院生時代から修練してきた一見バラバラに見える知識・技術・研究手法が、すべて一本の糸で繋がるのを感じました。

卒後
17年

広島大学病院 高度救命救急センター・集中治療部 講師

救急医療では様々な知識・経験を集大成して、全身全力で患者さんの治療に当たることが重要です。そのためには、様々な専門性を持った医師が集い、知識や経験を共有し合い、互いを高め合うことが不可欠です。幅広い多様性を持ちつつ、洗練された専門性も有する救急医を目指して、若い先生の育成とともに自分自身も成長していきたいと考えています。

未来へ

先生の「キャリアプラン」をお寄せください

先生がどういった経緯を経て救急医という職業を選ばれたのかを
熱いメッセージとともに寄せていただければと思います。
こちらの「キャリアプラン」アンケートフォームよりご投稿ください。

さらに、男女問わず結婚や出産、育児という家庭人としての経験と仕事を
どのようにバランスよくこなしてきたのかなどの体験談も併記いただける方は
こちらの「キャリアプラン+ライフイベント」アンケートフォームよりご投稿ください。

また、内容の修正などをご希望の方はこちらのお問い合わせフォームよりご連絡ください。

先生方の熱き想い、お待ちしております!

キャリアプラン   2016/04/25