single.php

28. 救急医ってJokerだと思うんですよね

卒後
18年

旭川医科大学 救急医学講座
高氏 修平

消化器内科医であった自分が救急医になろうとしたきっかけは医師7年目の地方病院にいる時でした。

日常診療の中に起こる非日常な場面に対応するためには、救急医になることが必然的な道であったと思っています。

救急医ってトランプに例えるとJokerだって思うんですよね。

エースと呼ばれる心臓外科医や脳外科医のようなカードではないんです。

時にババ抜きのように他の科から嫌われてしまう存在なのかもしれません。

つまり、ルーチンに事が運べば日常診療の中では使う必要のないカードなんです。

けれども、突然、事故にあわれた患者さんが運ばれたり、災害が起こったり、専門外の患者さんを目の前にしたり、思いがけない合併症に出くわしたり、そんな日常の中に起こる非日常の瞬間に最強のカードに変われるのがJokerなんです。

患者さんを守るため、そして医師としての自分を守るため、“救急医”という切り札をあなたも身につけてみませんか?

先生の「先輩たちの声」をお寄せください

「救急科専門医」という職業、または救急科専攻研修の魅力についてなど、先生の熱い思いを寄せてください。是非こちらの「先輩たちの声」アンケートフォームよりご投稿ください。

また、内容の修正などをご希望の方はこちらのお問い合わせフォームよりご連絡ください。

先生方の心からのメッセージ、お待ちしております!

公開日:2018年2月13日 

◁過去の記事:

▷新しい記事: